大阪府を中心とした地震の影響による
お届け遅延について

賢くヘルシー間食!野菜と穀物の糀発酵スイーツ飲料元気とキレイのサポートに糀発酵飲料jiyona
7本セット 14本セット 30本セット
薬に頼らない製薬会社になりたいロート製薬
                                                    だからこそできた、糀発酵飲料
                                                    ロート製薬で働くスタッフに配られるコンセプトブック。そこには、「NEVER SAY NEVER」というコーポレート・アイデンティティが掲げられています。

                                                    NEVER SAY NEVER は、その後に「for ●●」と続きます。for Eyesやfor Beauty などのロート製薬らしいコンセプトに並んで、NEVER SAY NEVER 「for Food」という新しい挑戦が掲げられています。


                                                    薬屋が目指す糀発酵飲料は
                                                    薬と同じように真剣に
                                                    商品開発をしました
                                                    「Jiyona」とは、忙しい現代人の健康を考えた、野菜と穀物の糀発酵飲料です。「都会で忙しく働く方たちも、地方の大地の恵みで、元気でいてほしい」そんな思いから誕生しました。
                                                    日本の健康長寿を支える食にしたいと着目したのが、「糀」を利用した発酵食品です。
                                                    昔から糀甘酒は滋養があるとして親しまれてきました。滋養とは「身体の栄養になる」ということ。「Jiyona」は“そのままの栄養”という意味で、「“滋養(Jiyo)+natural(na)”」から名づけられました。
                                                    米だけでなく、野菜の恵みも摂ることはできないかと考え、野菜も一緒に発酵させました。「健康」は食べるものでつくられる。だから「食で健康になろう」という思いを込めて。忙しい人たちに「野菜×米糀」でつくったほんのり甘酸っぱいスイーツのような、新しい「食事」を提案します。

                                                    野菜の持つ力と、糀の持つ力に辿りついた「地域の食で、人々を健康にしたい」という想いから、食品素材、特に農産物が本来持っている力に着目してきました。第一弾として選んだ野菜は、種子島の方に教えてもらった紫芋。ブルーベリーにも入っていることで知られている「アントシアニン」は、この紫芋にも含まれています。野菜のスムージーに甘酒を入れたレシピのように、芋をそのまま糀発酵させたら、芋にも糀のチカラが宿るのではと、開発をスタートさせました。

                                                    原材料は、芋と米と米糀だけ。
                                                    余分なものを一切加えない、素材そのままを生かすことを
                                                    ロート製薬は追求しました。
                                                    合成保存料、増粘剤、甘味料や酸味料などの添加物を入れれば、常温で販売できましたし、舌触りや味のコントロールが容易だったと思います。何も加えず、発酵の時間と温度と配合比といった、薩摩酒造様の匠の技だけで、絶妙なバランスで仕上げることができました。ロート製薬としては、「地域の食で人々を健康にしたい」という想いがあります。健康を考えた、素材選びであったり、糀発酵プロセスでもあります。人の体は食べたもので作られます。だからこそ、大地の恵を「そのままの栄養」としてお届けしたいと工夫いたしました。徹底した食の安心・安全も、薩摩酒造様と取り組んでいます。
                                                    芋と糀といえば、芋焼酎です。焼酎は蒸留酒であり、お酒になる手前はまさに紫芋の糀甘酒に近い状態があるのではないか。そう考えた開発者は、日本酒の酒蔵ではなく、紫芋の焼酎をつくられていた薩摩酒造さんにご相談し、共同開発が始まりました。

                                                    そこで出会ったのが、焼酎をつくるのに使う「白糀」。発酵の過程で、クエン酸をつくりだすめずらしい「糀」です。

                                                    薩摩酒造さんが明治時代から続く、今も昔ながらの仕込みも続けている明治蔵で、木樽で米を蒸し、糖化釜でじっくり発酵させていきます。
                                                    原料となる芋や米も天候により変わるように、麹菌もまた生きています。発酵はその日の気温や様々な条件に合わせて、温度や時間を管理する匠の技が必要です。Jiyonaは、そんな発酵のプロ、薩摩酒造さんの手によって、丹精込めてひとつひとつ大切につくられています。


                                                    発酵食品で用いられる微生物は、乳酸菌、麹菌、酵母菌などがあり、その中で温暖湿潤な日本の風土に適した「麹菌」に着目しました。
                                                    味噌や醤油などの伝統的な発酵食品は、日本の“国菌(こっきん)”である「麹菌」を用いてつくられています。米に麹菌を繁殖させたものを米糀といい、たんぱく質分解酵素や、でんぷん分解酵素など、100種以上の酵素が含まれているといわれています。このたんぱく質分解酵素により、たとえばお肉などの食材に糀を合わせると、食材を柔らかくし、美味しく、消化・吸収がしやすくなります。また、砂糖を入れていない糀甘酒が甘くなるのは、このでんぷん分解酵素による働きです。
                                                    麹菌にはまだ不明な点も多く、乳酸菌以上に色々な可能性を秘めているのではと考えられています。
                                                    麹菌が米を醸した「糀」は、温故知新の、日本が誇るスーパーフードといえるでしょう。
                                                    原料の紫芋は、種子島の大地に息づく紫芋。美しい海と山に囲まれた土地や風土に合い、その土地の人に大切に守られてきた種子島の在来種である「一吉紫芋」を使っています。農薬や化学肥料を使っていない畑なので、農薬を使えば1時間ですむ工程を、人の手で何日もかけて、丹念に雑草を抜いて害虫をとり除きます。糖度が高いので土の中でも虫がつきやすく、地中を手でほじくって害虫を捕まえます。とても手がかかるので「幻の紫芋」といわれており、その希少性から、アルカ登録されました。
                                                    紫芋は、中身が紫色になっているサツマイモの品種のひとつです。鹿児島県内で多く栽培され、特に種子島産は、安納芋と並んで有名です。お菓子の原料、焼酎の原料など様々な用途で使われています。

                                                    種子島では、多くの品種が栽培されており、品種改良されていない在来種の紫芋があります。紫芋の紫色の色素には、ポリフェノールの一種であるアントシアニンが含まれています。パソコンやスマホを使われる方におススメの野菜です。
                                                    スローフードインターナショナルにおいて「味の箱舟(Ark of Taste)」登録されています。味の箱船は生物の多様性を守るため1997年にスローフードインターナショナルがはじめたスローフード運動の一部のプロジェクトです。伝統的かつ固有な在来品種や加工食品、伝統漁法による魚介類など、このままでは消えてしまうかもしれない希少な食材を選定し、その生産や消費を守り、地域における食の多様性を守る世界的なプロジェクトです。 幻の一吉紫芋と
                                                    白糀のパワーが詰まった
                                                    ヨーグルトのような
                                                    甘酸っぱい飲物「Jiyona」

                                                    朝の食事を
                                                    お腹が減った時の間食を
                                                    「Jiyona」に置き換えて
                                                    体の中から健康に!
7本セット 14本セット 30本セット
地域の農作物に新たな光を。地域の農作物を守り、広めていく事は食文化とロート製薬の共通課題です。
                                                    農作物への心から溢れ出る感謝の気持ちを、Jiyonaを通じて皆様へお伝えしたいと考えています。
                                                    社会に貢献しイキイキと生き抜く事を目指し、社会に貢献した「食」の提案をしていきます。

お届け日の指定が可能です

ロート製薬が作った甘酒『Jiyona』 紫芋×白糀 KOJI HEALTHY DRINK 100g×14本 ※冷蔵

5,040円(税込)

お届け日の指定が可能です

ロート製薬が作った甘酒『Jiyona』 紫芋×白糀 KOJI HEALTHY DRINK 100g×7本 ※冷蔵

2,520円(税込)

購入数を確認した上でボタンをクリックしてください。
商品によってはお届け日の指定が出来ないものがございますので、カートページで必ずご確認ください。

ランキング

  1. 少数精鋭のこだわり桃「ピンク桃」ご自宅用でお買い得!

    少数精鋭のこだわり桃「ピンク桃」ご自宅用でお買い得!

  2. 伊達の桃「蜜姫(みつひめ)」糖度13度選果の極上品

    伊達の桃「蜜姫(みつひめ)」糖度13度選果の極上品

  3. 消えゆく高糖度小玉桃「紅国見」

    消えゆく高糖度小玉桃「紅国見」

  4. 絶品!サバ好きが唸る旨さ「旬サバ(ときさば)」

    絶品!サバ好きが唸る旨さ「旬サバ(ときさば)」

  5. 大玉メロンが相場下落!産地箱4.5kg ⇒ 送料無料3,480円

    大玉メロンが相場下落!産地箱4.5kg ⇒ 送料無料3,480円

最近閲覧した商品とおすすめ商品