通常より4ヶ月も長く熟した
秘蔵の甘夏をお届けします

濱崎智久さんの
超熟甘夏

甘夏の歴史は
意外なところから始まる

甘夏を語る上で頭に入れておかねばならないのが、みかんの歴史だ。日本人が好きな果物の代名詞ともいえるみかんは、紀元前より中国全土に広がっていた「橘(たちばな)」に由来する。魏志倭人伝や古事記にも「橘」の記述はあり、天皇や豪族などへ献上されるほど珍重されたありがたい果物だった。 みかんは栽培技術の進歩と共に、日本各地に広がっていく。あの有名な紀伊国屋文左衛門の「みかん船伝説」からも、当時のみかんの人気がうかがえる。
そんな中、甘夏は山口県長門市の西本於長という女性が、漂流してきた果実を細々と育て生まれたのが起源といわれている。みかん船伝説より後の1700年頃の事だ。この偶然の漂流した果実は、みかん好きの日本人に好まれ、夏に食べられるみかん「夏みかん」として広がっていく。

酸っぱいからこそ広がった
甘夏の前身「夏みかん」

甘夏の前身である夏みかんはとても酸っぱかった。甘夏は収穫してすぐでも食べられるが、夏みかんはそうはいかない。(余談だがしらぬひ[デコポン]も同じで、収穫したては酸が強く食べられない)そのため、酸味を抜くために貯蔵される。長い時間貯蔵されても傷まない硬い皮であったのも幸いして、1〜2月に収穫される夏みかんは6月頃まで美味しく食べられる。本家の温州みかんは長くても1〜2月までしかもたないので、その後に食べられるみかんとして、半ばみかんの代役的に広がって行った。
その後、昭和初期になると、夏みかんの枝の1つから甘い果実が偶然に発見される。それが甘夏だ。甘夏はその名のとおり甘くお消費者の人気のいしく、一気に夏みかんから改植され広がって行った。

昭和後半の甘夏は、
みかんと並ぶほど人気

甘夏の大産地熊本では、昭和後半の最盛期には年間10万トン弱が生産されていた。10万トンというのは、現在の熊本のみかんの生産数よりも、柑橘全品種の生産量よりも多い。熊本の産業としても消費者の人気の上でも圧倒的だった。
しかし時代は変わり、「種無し、皮ごと」の柑橘に人気が移っていく。熊本県内においても柑橘の代名詞はデコポンへと変わり、10万トン近かった甘夏の生産量は7000トンまで減っていく。確かにデコポンは旨い。しかし、だからといって甘夏の魅力が落ちたわけではない。ぷりぷりとした食感の果肉、爽やかな甘さ。改めて食べると流行の柑橘にはない味でうまい。

取材した日はとても寒かったが、これが初夏の陽気だったらよりいっそう旨かっただろう。

親子三代60年甘夏農家
濱崎智久さんの超熟甘夏

世の中にはどんな世界でも面白いことを考える人間はいる。甘夏農家の3代目、濱崎智久さんは甘夏のおいしさをもっと引き出せないか、そう思った。祖父の務さん、父の輝夫さんと共に子供の頃から甘夏に親しんでいた。小さい頃、国道の路肩で甘夏を販売しそれが飛ぶように売れた。自分たちが作ったものを喜んで買ってくれる人がいる。それが単純に嬉しく、「甘夏愛」が育まれていった。
時代が変わり、甘夏よりもデコポンが求めるようになっても、その思いは変わらず、それであれば「究極の甘夏」を目指そうと考えた。

1〜2月に収穫される甘夏を
そのはるか先の
6月まで樹上におく

濱崎さんの畑は、熊本県芦北町にある。芦北町は海に面した温暖な気候の町で、海岸からは天草の島々が望める。濱崎さんの段々畑には、この海から風に乗ってミネラル分が運ばれ、熊本の塩トマトと同じ仕組みで、果実をギュッと濃縮し甘くさせる。
通常甘夏は1〜2月に収穫し、貯蔵され初夏まで長い期間流通される。丈夫な果皮と酸味が貯蔵にむき、「夏みかん」と呼ばれる夏の味となってきた。この甘夏を、4ヶ月も長く木の上におき6月まで完熟させる。完熟を通り越した超熟甘夏になる。ここまで長い時間木の上に置くので見た目はあまりよろしくないが、「世界一の美味しさ」と濱崎さんに言わせる味わいになる。

こうしてできた、
濱崎智久氏の超熟甘夏
神々しい金色の果肉

数ヶ月の間、鳥や虫や風の害に耐えてできた超熟甘夏は、黄色が濃くなりどこか神々しさを感じる黄金色の果肉になる。外皮は薄くなり冬の甘夏よりもかなり皮が柔らかくなっている。爽やかな甘さが売りの甘夏だが、超熟甘夏はぐっと甘さが増し酸味も柔らかになる。今の柑橘では味わえない独特の甘さは新しさを感じた。
丁寧に皮をむき、1房1房を大切に食べた。こういう風に思える果物はそんなには無いなと思った。

みんなに剥いて、
食べさせてあげてください。

今回の取材で「手タレ」を務めていただいた、芦北町の長田ふさ子おばあちゃん。僕の「おばあちゃんに剥いてもらって食べた甘夏」の思い出を再現したくて、ご協力いただきました。ありがとうございます。

甘夏の皮は硬くて子供では剥けません。大人でも一苦労です。ぜひ、ご自身で剥いてあげたものをお子さん(お孫さん)に手渡しして食べさせてあげてください。なんてことない行為なのですが、とても幸せな気分になります。手間がかかるというのも、良いものです。

食文化 井上

6/24〜29出荷 濱崎智久さんの「完熟甘夏」 熊本県芦北産 約3kgx2箱(サイズ無選別) ※常温

3,500円(税込)

6/24〜29出荷 濱崎智久さんの「完熟甘夏」 熊本県芦北産 約3kg(サイズ無選別) ※常温

1,780円(税込)

購入数を確認した上でボタンをクリックしてください。
商品によってはお届け日の指定が出来ないものがございますので、カートページで必ずご確認ください。

ランキング

  1. 春日居の桃

    春日居の桃

  2. 特秀品  佐藤錦 Lサイズ以上 山形産さくらんぼ

    特秀品 佐藤錦 Lサイズ以上 山形産さくらんぼ

  3. 三方原馬鈴薯 新じゃがいも 男爵 静岡県浜松産

    三方原馬鈴薯 新じゃがいも 男爵 静岡県浜松産

  4. 釜揚げシラス 静岡県舞阪産 1kg

    釜揚げシラス 静岡県舞阪産 1kg

  5. チェダーチーズたっぷり!本仕込み 濃厚チーズいか

    チェダーチーズたっぷり!本仕込み 濃厚チーズいか

最近閲覧した商品とおすすめ商品