一世を風靡した品種の魅力を再発見!

後世に残そう
リボーンプロジェクト

世の中の需要や生産性にあわせ次々と誕生する新品種がある一方、
かつて一世を風靡した品種たちも今なお埋もれまいと奮闘中!
そんな懐かしの品種を取り上げ、魅力を「再発見」。みんなで食べて未来へ残しませんか?

5月

高級だったメロンを大衆フルーツへと
大転換!「プリンスメロン」

デビューは1962年。当時メロンといえば、今の感覚で数万円はしていた「マスクメロン」であり、 一般家庭では大して甘くもない「まくわうり」を食べていた時代。まさに時代の寵児だった!

6月

昭和中期に人気だった
「甘夏」(あまなつ)

「小さい頃、道端で家族で露店みたいなことをやって甘夏を売ったんだけど、飛ぶように売れて。それが子供心に嬉しかった」 今も大切に作られ続けている理由は、きっと思い出がみんなの心に根付いているから。

7月

昭和の大家族時代のうまいスイカ!
「天竜(てんりゅう)

昭和40年代まで主流だった大玉スイカの品種。核家族化が進み「食べきれない」「冷蔵庫に入らない」などの理由から、今ではほとんど作られなくなりました。昔は井戸水でキンキンに冷やして食べたものです。

8月

焼きトウモロコシと言えばこれ!
「キャンベラ」

夏祭りの頃になると、露天商向けに焼きトウモロコシに向く昔ながらの皮のかたい品種が人気でした。昨今では露天商の廃業→焼きトウモロコシ屋の減少という流れに。今の皮の柔らかいフルーツコーンでは決して再現できないあの味。

9月

種ありこそがぶどう本来の姿「種あり巨峰」

昭和30〜40年にかけて、日本人が種なしぶどう作りに成功して以来、種無しの方が人気になりました。なにより育てやすいので、農家の間で一気に普及したのです。でも種ありこそ農家の技術の見せ所であり、甘く仕上がった状態で味わえるのです。

10月

明治も末になると二十世紀と勢力を二分
「長十郎」

明治26年に神奈川県で発見された長十郎は、昭和初期までが全盛期。今ではほとんどみかけなくなりました。栃木で少し作られているものをご紹介します。

11月

甘酸っぱさが懐かしい 100年古木の
「昔紅玉」

COMING SOON

12月

室町時代の後期に生まれた甘柿の祖先
「御所柿」

COMING SOON

ランキング

  1. 究極の蜜入りリンゴ こみつ 青森産

    究極の蜜入りリンゴ こみつ 青森産

  2. 『年末福袋2019』タラバガニ・ズワイガニ・黒毛和牛・ローストビーフ

    『年末福袋2019』タラバガニ・ズワイガニ・黒毛和牛・ローストビーフ

  3. 浜名湖食品 極大うなぎ蒲焼

    浜名湖食品 極大うなぎ蒲焼

  4. 川上みかん 愛媛県産 西宇和

    川上みかん 愛媛県産 西宇和

  5. 訳ありサンふじリンゴ 山形県産

    訳ありサンふじリンゴ 山形県産

最近閲覧した商品とおすすめ商品