多少の訳あり

『訳ありキーツマンゴー』 沖縄県産 約1.8kg(2〜5玉) ※常温

送料無料

商品説明

“緑色”の『キーツマンゴー』は、食べ頃さえ完璧であれば「マンゴーの王様」と呼ばれる程の美味!黄金色の果肉は、繊維質のないとろけるようなクリーミーな食感で、抜群の甘さと香りが特徴です。
日本で流通しているマンゴーのほとんどは「アーウィン種」と言われる真っ赤なマンゴーで、緑色のキーツマンゴーの流通量は極わずか。
今回お届けする商品は、外皮の状態として傷・スレ・黒い斑点などがある【訳あり品】ですが、品質に問題はありません。安心してお召し上がり下さい。

この商品は配達日指定が出来ません
配送 佐川急便

送料を確認する

お支払方法カード 銀行振込 代引き

のし対応

価格4,999円(送料・税込)

終了

ログインしてお気に入り登録

ご注文前に必ずお読み下さい

  • 商品画像はイメージです。
  • ●『佐川急便』で発送します。

店舗からのお知らせ(築地市場ドットコム)

  • ギフト包装や紙袋等のご用意はできかねます。
    同梱が可能な場合、送料重複分は当サイトのポイント等でご返金致します。
    入荷状況によって、お届けが遅れる場合がございます。

この商品に関するご質問、お問い合わせはこちらから

ほんの数年前まで“幻”と言われていた『キーツマンゴー』。国産のキーツマンゴーは、沖縄県を中心に極めて狭い範囲でしか作られていません。多くの方はお取り寄せしない限り、見たことが無いはずです。ここ数年で少しずつ生産量が増えてきたにも関わらずなかなか店頭に並ぶことはありません。
その理由は、「美味しそうに見えないから」そして「食べ頃の判断が難しいから」です。緑色をした見た目の悪いマンゴーは、店頭に並んだとしてもなかなかお客様に立ち止まってもらえません。さらに、買ってすぐ食べても硬くて美味しくないので、なおさら販売が難しいのです。
しかしながら、完熟した『キーツマンゴー』の味わいは「マンゴーの王様」と呼ばれるほどの美味!黄金色の果肉は、繊維質のないとろけるようなクリーミーな食感で、抜群の甘さと香りが堪能出来ます。

【キーツマンゴーの食べ方】
キーツマンゴーは、沖縄でも珍しい追熟するタイプのマンゴーですので、食べ頃をしっかりと見極めることが重要です。必ず常温で保存し、追熟させて下さい。
①色では判断しないで下さい
果皮の色は、追熟につれ収穫時よりも黄色が強くなりますが、緑色で完熟する場合もあるので、色では判断しないようにして下さい。
②硬さが重要
キーツマンゴーは硬めのマンゴーですので、食べ頃の判断が困難です。熟す前のマンゴーは石とは言わないまでもかなり硬いです。しかし、熟してくるとグーで握った手の甲の硬さ位の弾力が出てきます。あまり強く押すとマンゴーが傷んでしまうので、指の腹で軽く押して確認して下さい。
③香りは最も重要
完熟の目安は、硬さとともに香りが最も重要です。熟す前のマンゴーは、真ん中部分の香りは全くしません。熟してくると甘い香りがしてきます。赤いマンゴーのように香りが強くなってきたら食べ頃の合図です。冷蔵庫に2〜3時間ほど入れてからお召し上がり下さい。 ※ヘタの部分の香りでは判断しないで下さい。元々香りが強い部分ですので、勘違いしやすいです。

ランキング

  1. 『シャインマスカット』

    『シャインマスカット』

  2. 『ナガノパープル』

    『ナガノパープル』

  3. 『高嶋さんグループの黄桃』

    『高嶋さんグループの黄桃』

  4. 『リッチ真あじフライ』

    『リッチ真あじフライ』

  5. 『南国の陽蜜(ひみつ)』

    『南国の陽蜜(ひみつ)』

最近閲覧した商品とおすすめ商品