世界で唯一!活け状態で水揚げされる風間浦の鮟鱇

刺身用『活締め鮟鱇(アンコウ)の身欠(尾側)』 青森県風間浦産 150g以上、肝 30〜50g 3〜4人前 ※冷蔵

商品説明

上品な甘みで、しっとりしてキメ細かい。これが青森県風間浦産の活け締め鮟鱇です。
「西のふぐ、東の鮟鱇」と呼ばれ、鍋ものの両横綱と言われる鮟鱇ですが、刺身を食べたことがある人は少ないはずです。
一般的な鮟鱇漁は、底引き網か刺し網が使われるため、水揚げ時には死んでいますが、風間浦は餌を付けない空縄釣りと呼ばれる延縄漁で、目の前の漁場で鮟鱇を狙うため、多くの鮟鱇は生きたままで水揚げされます。
それを、風間浦にある駒嶺商店社長 駒嶺剛一社長が確立した、活け締めと血抜き技術により、刺身で食べられる鮟鱇として流通が可能になりました。
鮟鱇は、魚体が60cmを超えるあたりから、タラやカレイを捕食できるほど口が大きくなります。小さい鮟鱇は、鰯や甲殻類が餌ですので、白身魚を食べている大きな鮟鱇は味も香りも全く違います。
この生きたまま水揚げされた大型の鮟鱇だけを活け締めにした究極品が、今回お届けする風間浦の鮟鱇の刺身用身欠です。
※尾側は、頭側に比べるとコリコリ感が少し強い身質です。身がしっかりしているので薄造りはしやすいです。

■世界で唯一!活け状態で水揚げされる風間浦の鮟鱇について、詳しくはこちら

この商品は配達日指定が出来ません
配送 ヤマト運輸

送料を確認する

お支払方法カード 銀行振込 代引き

×のし不可 ×メッセージ入れ不可

価格6,200円(税込)

販売期間:'16/11/21 ~ '17/4/24 販売完了

ログインしてお気に入り登録

ご注文前に必ずお読み下さい

  • 商品画像はイメージです。
  • ※本商品は青森から冷蔵便で発送します。お届けまで3日かかる離島へはお届けできません。
    ※時化などの影響を受けた場合、着日指定の変更をお願いする場合がございます。

この商品に関するご質問、お問い合わせはこちらから

店舗 駒嶺商店
商品番号 T3928-S0004
セット内容 刺身用『活締め鮟鱇の身欠(尾側)』 青森県風間浦産 150g以上、肝 30〜50g 3〜4人前
原材料名  
獲得ポイント ログインして確認
賞味期限  
消費期限 なるべく早くお召し上がりください
保存方法 冷蔵(10℃以下)
販売情報 販売期間:'16/11/21 ~ '17/4/24 販売完了

青森県風間浦「駒嶺商店」
駒嶺商店の始まりは鮮魚販売。そこからタコやウニの加工業、さらには仕出し屋を始め「駒嶺の仕出しは下北一」と評判になります。
二代目の駒嶺剛一社長のモットーは「青森県で獲れた鮮度の良い水産品をおいしく届けたい!」
ゆかい村鮟鱇ブランド化戦略会議会長・風間浦村商工会会長など、数々の地域の要職を務めながら、地元で獲れた活イカ、活アンコウと、鮮度にこだわった商品開発を展開しています。
特にアンコウは迅速に活け締めにされるからこそ、鮮度を保ったまま冷蔵便でお届けすることができる、駒嶺商店ならではの逸品です。

ランキング

  1. 菱沼さんの『佐藤錦』

    菱沼さんの『佐藤錦』

  2. 『シュガースポット清見』

    『シュガースポット清見』

  3. 『あまおう』

    『あまおう』

  4. 『訳アリせとか』

    『訳アリせとか』

  5. 『邑久の巨大牡蠣』

    『邑久の巨大牡蠣』

最近閲覧した商品とおすすめ商品