【純米酒大賞2014 金賞受賞】

はくろすいしゅ『出羽燦々 ウルトラ33』 純米大吟醸原酒 1.8L ※冷蔵

商品説明

1991年に山形酒49号という系統名が付けられ、1997年に登録された「出羽燦々」。竹の露の杜氏・本木勝美さんはその間の1993年から試験栽培を開始しました。その後、羽黒地内種籾専用田で採種を繰り返し、試醸当初の砕け易さを乗り越え、35%以上に磨いても砕けにくい充実した酒造好適米へと進化させました。
そんな本木さんの出羽燦々を33%まで磨き、熟成を経て蔵出しされたこのお酒の味わいのストーリーの美しさは『ウルトラ』の名に違わぬもの。
ブームのはるか前から地酒として日本酒の輸出を日本で初めて実現し、『白露垂珠 特選純米』で「ワイングラスでおいしい日本酒アワード最高金賞」を受賞するなど、お酒の世界水準を知る竹の露が「再び世界の頂点を狙える仕込が実現した」と自ら裏ラベルに記載するほど自信を持ってお届けする日本酒です。

お酒は20歳になってから…「未成年者への酒類の販売は固くお断りしています。」

この商品は配達日指定が出来ません
配送 ヤマト運輸

送料を確認する

お支払方法カード 銀行振込 代引き

×のし不可 ×メッセージ入れ不可

価格4,795円(税込)

5/29〜6/3出荷 在庫数 4

カートへ入れる

ログインしてお気に入り登録

飲酒は20歳になってから
未成年者への酒類の販売は行いません

ご注文前に必ずお読み下さい

  • 商品画像はイメージです。

店舗からのお知らせ(竹の露酒造)

  • ※送料には梱包費が含まれております。
    ※ギフト包装はできません。

この商品に関するご質問、お問い合わせはこちらから

店舗 竹の露酒造
商品番号 T3919-S0009
セット内容 はくろすいしゅ『出羽燦々 ウルトラ33』 純米大吟醸原酒 1.8L アルコール度数17.5%
原材料名 米(出羽燦々 精米歩合:33%)、米麹
獲得ポイント ログインして確認
賞味期限  
保存方法 冷蔵

東北の霊場として名高い出羽三山の中の羽黒山。その麓で1858年に創業した「竹の露酒造」。地賛地匠を掲げ、この地の恵みと脈々と受け継がれて来た伝統を存分に活かした日本酒を造ります。
同時に、最新技術を巧みに融合する他、昨今の外国での日本酒ブームのはるか昔から、地酒としての日本酒の輸出を日本で初めて実現し、さらに「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2015」で定番の特選純米、純米吟醸、純米大吟醸が揃って金賞を受賞するなど、モダンの旗手でもあるのです。

【米にこだわる】
原料米は、蔵元製造責任者、杜氏、蔵人をはじめ、羽黒酒米研究部会員の方々により供給される、庄内の在来酒米のみを使用。 生産者と直結しているからこそ一仕込単位に生産者の顔が見え、そして仕込み水と源を同じにする水で育った米だからこそ、仕上がる酒は自然な美しさを表現できるのです。

【水にこだわる】
仕込水には蔵の敷地内、地下300mの石英質砂礫地層から湧出する天然弱アルカリ・完全無菌・超軟水「出羽三山深層水」を活性のあるままに100%使用。 言葉にすると簡単ですが、酒造りに最適な水を求める一念で300mも掘るというのがどれほどのコストと年月、苦労を要するか、想像を絶するものがあります。

【伝承される人の技】
竹の露が必要とする麹は全量一升盛の麹蓋法により生み出されます。 各過程をクリアした蒸米は、製麹室に運ばれ、引き込みから床もみ・切返し・盛り・仲仕事・仕舞仕事・積替え・出麹まで二昼夜半、約60時間前後をかけて、「麹蓋」と呼ばれる小箱で一升ずつ製麹します。 蓋の操作で麹から蒸散する熱と水分を効率よく調整することができ、これにより竹の露の「旨味があるのにキレも良い」という個性が造られるのです。
竹の露ではこうした技術が次々と受け継がれ、14名の蔵人全員がこの技法をこなします。  蔵人のチームワークに基づく強力な力価を持つ麹だけが「完全発酵」を実現し、個性的な「芳醇辛口」の味わいを支えます。

ランキング

  1. 菱沼さんの『佐藤錦』

    菱沼さんの『佐藤錦』

  2. 『シュガースポット清見』

    『シュガースポット清見』

  3. 『あまおう』

    『あまおう』

  4. 『訳アリせとか』

    『訳アリせとか』

  5. 『邑久の巨大牡蠣』

    『邑久の巨大牡蠣』

最近閲覧した商品とおすすめ商品