佐藤忠保の春のとろねぎ!

『越冬ねぎ』 福島県会津若松産 約3kg(13〜17本)×2箱 ※常温

送料無料

商品説明

雪が溶け新芽を出す「ねぎ」は、その頃に一番うまくなる。
畑に植えられたねぎを雪の中で放置しつづけると、ねぎの表面は枯れ、その中からまた新しいねぎが顔を出てくる。
これが春の越冬ねぎだ。
口の中で柔らかにとろける。どこかタケノコのような旨さに感じるのは、新芽だからだろうか。

こんなねぎ食べた事がない。

先の方は写真のように弱々しい黄緑色。
いかにも柔らかそうで、実際に柔らかい。
雪下ねぎよりも更に見た目が悪く、世に流通される事はまずない。
雪下ねぎもほとんど見ないが、それ以上に希少だ。
少なくとも東京では見かける事はないだろう。
農家だけが知っていた極秘の味だ。

この商品は配達日指定が出来ません
配送 ゆうパック

送料を確認する

お支払方法カード 銀行振込 代引き

×のし不可 ×メッセージ入れ不可

価格5,980円(送料・税込)

3/5〜10出荷在庫数 5

カートへ入れる

ログインしてお気に入り登録

ご注文前に必ずお読み下さい

  • 商品画像はイメージです。

この商品に関するご質問、お問い合わせはこちらから

店舗 佐藤忠保
商品番号 T3977-S0006
セット内容 『越冬ねぎ』 福島県会津若松産 約3kg(13〜17本)×2箱
原材料名  
獲得ポイント ログインして確認
消費期限 お早めにお召し上がりください。
保存方法 常温

ねぎには色んな食べ方があるが、実践して欲しい食べ方が2つある。

1つは、鴨ねぎ。
ねぎには鴨や鶏が本当によく合う。骨や皮などでダシをとるとより旨い。

もう1つが、焼きねぎ。
フライパンに油を引いて焼くだけでよい。表面が焦げてプツプツとねぎ汁が出てきた頃に食べる。

個人的な意見だが、ねぎは焼いて食べるのが一番うまい。鴨の脂を手に入れて、その脂で焼いて食べるのが一番旨いと思っている。

ランキング

  1. 『祝春華』

    『祝春華』

  2. 『巨大ボイルズワイ蟹』

    『巨大ボイルズワイ蟹』

  3. A5限定『黒毛和牛≪仙台牛≫特選セット』

    A5限定『黒毛和牛≪仙台牛≫特選セット』

  4. 『特大タラバガニ』

    『特大タラバガニ』

  5. 『川上みかん』

    『川上みかん』

最近閲覧した商品とおすすめ商品