旬の逸品をご紹介

山梨県の桃の匠
雨宮融さんの『てっぺんの桃』

類まれな品質の桃の中でも、
一番おいしいところに限定してお届け。

桃の匠 雨宮 融(あめみや とおる)さん

山梨県で夫婦二人、こだわりの桃づくりを行う雨宮融さん。
雨宮さんの桃は一般流通はしていません。日々収穫した桃を選り抜き、地元の直売場で自ら販売をしています。
その美味しさにあっという間に人だかりができ、即売り切れてしまう人気ぶり。
はるばる遠方から桃を買いに来る人もいるほど、知る人ぞ知る桃の匠です。

6月の桃で糖度18度を記録

そんな匠の取材に訪れたのは6月中旬。やっと桃の出荷が始まったばかりというころで、この時期の中心品種は「ちよひめ」
一般的には桃の香りがしっかりと果肉も上質ですが、糖度が上がりにくく11度でも出れば十分な中で…

上の画像の通り、雨宮さんの桃は「ちよひめ」で糖度18度と桁外れな美味しさに仕上がっています。
シーズンの最高等級の桃でも糖度13度くらいのもの…
糖度が上がりにくい品種でこれほどの結果は、私たちもその素晴らしさに沸き立ちました。


美味しさを生み出す
自然の環境に近づけた土

雨宮さんの桃の秘密は、独自に設計した有機質たっぷりの土づくりと「草生栽培」にあります。
一面を覆う芝生のように豊かな緑。これはマメ科の植物を育てており、光合成による土中の水分量のコントロールしてくれる大切な主役。さらに微生物や虫たちによる生態系を作り上げ、栄養の循環が行われる環境を作り上げているのです。
しかし、この方法は土中の環境を制御できないと、生育が安定しないなどのリスクを伴うため、腕が無ければ行うことができない“究極の栽培方法”なのです。

雨宮さんは実に30年この栽培方法を貫く、紛れもない『桃の匠』です。

表皮に浮かんだ星はおいしさの証拠

美味しい桃の見分け方のポイントとして、果実がふっくらと大きく色付きがいい事はもちろんですが、
腕のあるバイヤーは桃の頂点を見ます。ここに「黄色い小さな星のような模様」が浮かんでいるものが美味なのです。

たとえるならば、これは「シュガースポット」のようなもの。雨宮さんの桃は、美味しさの証であるこの星が多くあらわれ、その道を知るものならば一目で理解し、「これは素晴らしい桃だ」と惜しみない称賛を与えるほどです。

さらにこだわる『てっぺんの桃』

「樹の上のほうが、太陽によく当たって美味しいんです』と雨宮さん。
なんと今回私たちのために、特に自信があるという、樹の頂上付近の桃に限定してお送りいただけることになりました。
一般店では手に入らない、直売場でもなかなかできない、ここまでのこだわり…!

匠の心意気を、お楽しみください。

ランキング

  1. とろける果肉と溢れる果汁「紅まどんな」

    とろける果肉と溢れる果汁「紅まどんな」

  2. 蟹と黒毛和牛だけで1.1キロの【年末福袋 総重量3.6kg】

    蟹と黒毛和牛だけで1.1キロの【年末福袋 総重量3.6kg】

  3. 究極の蜜入りリンゴ「こみつ」

    究極の蜜入りリンゴ「こみつ」

  4. 最大級のズワイガニポーション 今年は貴重です

    最大級のズワイガニポーション 今年は貴重です

  5. 数量限定!訳あり毛蟹【最高ランク堅蟹】

    数量限定!訳あり毛蟹【最高ランク堅蟹】

最近閲覧した商品とおすすめ商品