北三陸 ひろの屋のウニ

昆布が生い茂る巨大な"ウニ牧場"で旨味を増す



北三陸・岩手県洋野町種市にある海産物問屋「ひろの屋」は、約15kmにわたる巨大なウニ専用施設「ウニ牧場」を保有しています。聞き慣れない「ウニ牧場」とは、昆布やワカメが群生する浅瀬の海底に溝を掘り、徹底した品質管理のもとでウニを育てる「増殖溝」のことです。日本中を見渡しても、ここ、洋野町種市にしかない特別な環境です。



ウニは雑食性のため、自然のまま育つと本来の餌だけでなく、タイヤなどの異物も何でも食べてしまい、それが雑味のもとになります。「天然」と聞くと品質がいいと思いがちですが、雑食性のウニの場合、餌を管理できないという難しさもあります。一方で、牧場育ちのウニは、海底にびっしりと生えた良質な昆布やワカメをたっぷり食べて育つため、 "自然のまま"育つウニよりも旨味が濃厚。キタムラサキウニ特有の磯の香る繊細な風味が堪能できます。

最も身入りのよい4年ものの大粒ウニ



港の近くにある「うに栽培漁業センター」で、ウニの卵を飼育槽で2cm程度になるまで1年間大切に育てます。成長した稚ウニは海に放流して約2年間を天然の漁場で過ごし、大きく成長した4年目になると放流していたウニを収穫。昆布がびっしり生えたウニ牧場に移動させて、栄養満点の良質な餌を1年間たっぷりと食べさせて育てます。キタムラサキウニは15年以上育つと言われていますが、ひろの屋の社長 下苧坪(したうつぼ)さんは、もっとも甘みがあり風味もよい4年もの大粒ウニにこだわっています。それ以降は身が痩せて、味も落ちていくといいます。自然のままでは4年もののウニを狙って収穫することは困難。人の手で管理された牧場で育てるからこそ、一番美味しい時期のウニだけを収穫できるのです。

水揚げから2日で届く抜群の鮮度



完全受注生産をとっているため、出荷当日にウェットスーツを着た漁師が海に潜り収穫。水揚げ後はすぐさま清潔な加工場で選別して、殻を剥いて食餌の昆布片などを手作業で丁寧に取り除き、殺菌海水で洗浄して即出荷。水揚げから手元に届くまでの時間は約2日(※翌日配送地域の場合)。だから産地で食べるような自然な甘みと香りが楽しめます。

「北三陸の海男児」ブランドと定番商品「牛乳瓶ウニ」



岩手県沿岸の最北端、洋野町で生まれた下芋坪之典さんは、以前は東京でサラリーマンをしていましたが、平成22年に地元に戻り「株式会社ひろの屋」を立ち上げます。それから1年もしない平成23年3月11日に東日本大震災が発生。これからという時期でしたが、まずは地域の復興をと、先頭に立って北三陸の海産物のブランド化に取り組み世界中を飛び回っています。

そんな下芋坪さんが立ち上げたブランドが「北三陸の海男児」。黒潮と親潮が出会うこの場所で獲れる素晴らしい海の幸を、地域の魅力や地域の人の想いとともに食卓へ届ける、まさに彼そのもののようなブランドです。定番商品の「牛乳瓶ウニ」は、ミョウバン不使用でも形が崩れないようにと、丸みのある牛乳瓶に入れたことが誕生のきっかけ。他にはない見た目から贈り物としても人気があり、「北三陸の海男児」を代表する商品となっています。

お届け日の指定が可能です

岩手県産 北三陸ウニ牧場の熟成塩うに(キタムラサキウニ)1瓶60g ※冷凍

3,180円(税込)

お届け日の指定が可能です

岩手県産 北三陸ウニ牧場の熟成塩うに(バフンウニ)1瓶60g ※冷凍

3,480円(税込)

購入数を確認した上でボタンをクリックしてください。
商品によってはお届け日の指定が出来ないものがございますので、カートページで必ずご確認ください。

ランキング

  1. 山形県のフルーツのプロ 伊藤さんが選ぶ「旬の桃」

    山形県のフルーツのプロ 伊藤さんが選ぶ「旬の桃」

  2. 浜名湖食品 極大うなぎ蒲焼

    浜名湖食品 極大うなぎ蒲焼

  3. 在庫処分特価 べこ政宗『牛タン(味噌)』

    在庫処分特価 べこ政宗『牛タン(味噌)』

  4. 高嶋さんグループの黄桃 山形県産

    高嶋さんグループの黄桃 山形県産

  5. 美ら島あぐー豚の餃子

    美ら島あぐー豚の餃子

最近閲覧した商品とおすすめ商品