りんご
通販・お取り寄せ

豊洲市場青果棟1階で行われる競り

私たちはサイト名の通り、2018年10月11日に築地から移転した豊洲の新市場を拠点に活動しています。豊洲市場では林檎ひとつとっても毎日、全国各地から青果棟1階に入荷し競りにかけられ相場が決まります。特に8〜2月の旬の時期には様々な産地からサンふじ、紅玉、高徳、つがる、シナノゴールド、むつなど色とりどりの品種が入ってきます。
一般的にスーパーや百貨店、高級フルーツ専門店などには、市場の仲卸が卸会社から競り落としたものを買い付け店頭まで運んで陳列されます。実店舗では輸送費や土地・建物、廃棄コストも考えて値付けしなければならないため市場の卸価格との差は大きくなります。
私たちネットショップの場合はそれらの費用が一切かかりません。これが当店が他より安く商品を提供できる大きな理由です。さらにご注文を受けてから、出荷の当日に市場で仕入れて発送するだけでなく、場合によっては産地から直接お届け先(ご自宅)へ発送するので鮮度も抜群です。
毎朝、豊洲市場には日本各地からはもちろん海外からも観光客が訪れていますが、当サイトは現地に来なくても手軽にお買い得に旬のフルーツや野菜を購入できるグルメ通販サイトです。中々市場まで足を運べない方、新鮮な食品を手に入れたい方、お土産を買い忘れたり、スーパーで買うにも持ち帰るのが面倒な方もどうぞご利用ください。

豊洲市場に拠点を持つ
私たちだからこその規格

当サイトでは、一般店頭のように数玉小分けにしてネットに入れたり、ギフト用の化粧箱に入った規格だけを販売しているのではありません。

・様々な産地、様々な品種の食べ比べセット
・産地の選果で最も厳しい基準をクリアした最高等級の限定品
・ギフト需要の低下、収穫のピークで大量入荷などで相場下落した際の特別企画
・皮にスレ、キズがあるお得な訳あり品
・最新の貯蔵技術により可能になった年中出荷できる業務用のりんご
etc

市場ならではの規格も案内しています。

キズ・スレがあるお得な訳あり品
産地箱そのまま手土産やおすそ分け、<br>ジュースやジャムに

一押し!りんご通販 人気ランキング

第一位

断面がほとんど蜜!?
小玉でありながら極めて
美味な葉とらずりんご

光が透けるほどの蜜入り。断面のほとんどを占める
葉とらず栽培だから色付きがまだら。さらに小玉なのでスーパーでは評価されにくい

カットした断面の7割、多いものではほとんど全てを蜜が占める、究極の蜜入りりんご「こみつ」 品種名は高徳(こうとく)と言います。 当社と「こみつ」との出会いは2007年。
今では9割以上のリピート率を誇り、贈答用に何十箱も購入される方もいるほどの看板商品になりましたが、出会った頃は、量販店のバイヤーから「こんなフジの出来損ないは売れない」と見向きもされていませんでした。
産地では樹がどんどん切られ、生産者もわずか2名にまで激減。他にはない、究極の蜜入りりんごでありながら、その魅力を伝えるにはカットしなければならず、またサイズが小ぶりなため、店頭では評価されずに絶滅の危機に瀕していました。
産地を訪れたのは、2007年10月23日。こみつの素晴らしさは、圃場に着くとすぐに分かりました。こみつの樹の周りに漂う芳醇な香り。手にとって食べてみると、蜜の多さに驚くだけでなく、強烈に甘い果汁が溢れだし、味が明らかに濃い! 「店頭の表示では伝えられないこの魅力をインターネットであれば伝えられる」 その使命感のもと、産地から戻ってすぐに販売を開始。
初年度のご案内は80箱でしたが、それから少しずつ生産量を増やして、今では20,000箱を超えるまでになりました。
2名だった生産者も数十名に増え、立派な部会に成長。産地の青森県弘前市 石川地区では一大産業になっています。
豊洲市場ドットコムでは、今年も最高に美味しいこみつを産地から直送します!

第二位

全国のりんご好きが買い占める幻の黄色いりんご!
群馬県月夜野「ぐんま名月」

販売時期:10月〜11月頃

瑞々しく強烈に甘い群馬県月夜野の名月

このりんごを一般店頭で手に入れるのはまず不可能です。
「ぐんま名月」の産地 群馬県月夜野には、わずか10日しかない収穫期間を狙って全国からりんご好きが押し寄せ、ほぼ全ての「ぐんま名月」が買い占められるだけでなく、翌年の分まで予約していきます。
もし市場に入荷するとしても「顔が見える人にしか売らない」という生産者のこだわりから、 豊洲市場でも手に入れられるのは、たった1人の仲卸のみ。
当店では、その仲卸にお願いして特別に確保してもらっています。
「黄色いりんごは売りづらい」ぐんま名月は、そんな市場の定説を覆したりんごでもあります。
完熟に近い状態で収穫される果実の甘さは強烈で、糖度は概ね15度。また、黄色いりんごとしては珍しく蜜も入りやすく、緻密な果肉は、シャキシャキと食感も香りも抜群!
人を惹きつける美しさはなくても、一度口にした人を確実に虜にして、美味しさだけで熱狂的なファンを増やしてきた知る人ぞ知る美味りんごと言えます。
まだ食べたことがない方はぜひこの機会に食べ比べて欲しいです。一度食べれば、毎年産地へ向かうファンの気持ちが分かるはずです。

たっぷり産地箱でお届けします。季節の贈り物にもおすすめ
第三位

全国でも数本しか残っていない、樹齢百年の樹で育つ原種の紅玉
青森県三戸郡三戸町
「昔ながらの紅玉」

販売時期:10月〜11月頃

樹齢100年の樹になる真っ赤な紅玉
樹齢100年の樹になる真っ赤な紅玉

樹齢100年の樹になる真っ赤な紅玉

2014年10月 青森を訪ねた際、山間の集落で樹齢百年にもなる「紅玉」の古木に出会いました。 全国で数本、奇跡的に残っている原種の樹です。 その樹で育つ紅玉は、一般店頭に並ぶ樹齢30年ほどの、接ぎ木で育ったものとは全く違い、酸味があって、香りもシャープで濃厚。 「甘くて、酸味が弱いりんごが好き」「一般的に店頭に並ぶ、深紅の紅玉と同じものが食べたい」 そのような方にはおすすめしませんが、「昔ながらの甘酸っぱくて、小玉で真っ赤に輝くりんごが好き」 という方には、ぜひ食べて欲しい“これぞ本物の紅玉”です。 通常、紅玉には蜜が入ることは、ほとんどありません。品種の特性上、それほど糖度が高くならないからです。 しかし、本日ご紹介する「紅玉」には、わずかな量ですが、かなりの確率で蜜が入ります。 丸かじりするとわかりますが、果汁が手に付くとベタベタするほど。ただ、酸味も強いので「甘さが濃厚」という味わいにはなりませんが、甘酸っぱさのインパクトはかなりのものです。樹齢百年にもなる原種の樹の、強烈な生命力感じられる逸品をお届けします。

青森で栽培される色様々なりんごの品種

■赤いリンゴの品種 あいかの香り、あかぎ、茜(あかね)、秋映(あきばえ)、安祈世(あきよ)、未希ライフ、つがる(サンつがる)、早生ふじ、アルプスの乙女(姫りんご)、印度(インド)、おいらせ、おぜの紅、かんき、北紅(きたくれない)、紅の夢(くれないのゆめ)、あおり16、シナノスイート、紅玉、世界一、ジョナゴールド、陸奥(むつ)、北斗、サンふじ、ふじ、千雪(あおり27)、昴林(こうりん)、国光(こっこう)、高徳(こうとく)、美丘(さしゃ)、さんさ、シナノドルチェ、シナノピッコロ、シナノホッペ、シナノレッド、秋陽(しゅうよう)、スターキングデリシャス、スリムレッド、すわっこ、大紅栄(だいこうえい)、高嶺(たかね)、夏明、ひめかみ、弘前ふじ、紅将軍、紅ロマン、ほおずり、ミニふじ ■青い&黄色いリンゴの品種 トキ、シナノゴールド、星の金貨、王林、名月(ぐんま名月)、金星、アンビシャス、栄黄雅(えいこうが)、黄王(きおう)、きたろう、グラニースミス、こうこう、スイートメロディ、はるか、白ふじ、ムーンふじ

葉とらず栽培される青森のりんご

その名の通り“葉っぱをとらない”栽培方法で育てたりんごです。品種にもよりますが、りんごの皮は光が当たることで赤く色づきます。 スーパーや百貨店、フルーツ専門店など店頭に並べて販売するりんごは見た目が重要なので、綺麗でムラのない真っ赤なりんごにするため、果実の陰になってしまう葉をとらなければなりません。しかし葉っぱは光合成により生成した栄養や糖をりんご本体に補給する大切な役割があります。 つまり、葉を摘めば見栄えが良く美味しそうな外観になりますが、実際に葉とらずりんごと味を比べた場合は全然違います。 ちなみに当店の看板商品「こみつ(品種:こうとく)」も葉とらず栽培。見た目は色にムラがありますが、香りも味も良く蜜がたっぷり入るのはこだわりの方法で育てるからこそ生まれます。

青森県をはじめ日本のリンゴ産地では、毎年8月〜11月にかけて収穫が行われます。出荷量のピークは11〜12月。それ以降も来シーズンの収穫が始まる8月まで販売されます。 夏から秋に収穫される林檎を一年中食べられるのは、長期保存が可能な特殊冷蔵技術「CA貯蔵」があってこそ。そのCA貯蔵とは「Controlled Atmosphere Storage(コントロールド・アトモスフィア・ストレンジ)の略で、酸素、二酸化炭素、窒素、温度、湿度を調整し、リンゴの呼吸を最小限に抑える保存方法です。 具体的には酸素濃度3%、CO2濃度3%、N2濃度3%、湿度0℃、湿度90%の環境で、収穫直後から3月末まで密閉保管すつことで、美味しさを保てる期間が普通冷蔵庫の約2倍にもなるのです。 もちろん貯蔵の技術だけでなく、林檎に袋をかけて栽培する有袋栽培のものは、色づきが良くなるだけでなく、貯蔵性が高まると言われています。実際に主に青森で栽培されているふじ(有袋ふじ)はCA貯蔵庫に入れて春から販売開始します。他にも有袋栽培のジョナゴールドなども長期保存に向いています。

ポイント①ツルがしっかりしている

新鮮なりんごのツルは瑞々しくしっかりしています、鮮度が落ちてくると蔓はしなびてきます。
さらに「ツル割れ」といってツルが縦にぱっくり割れているものはしっかり熟した食べ頃の林檎です。

ポイント②表面に「いぼり」がある

リンゴの表面をよく見ると、デコボコとしたものがあります。これは「いぼり」といって、
よく完熟した林檎の証です。表面がつるりとしているものよりも糖度が高い傾向があります。

ポイント③おしりの色が黄色か橙

おしり(ツルの反対)を見て緑色をしていたり、少しとんがっているようなものは未熟なりんごです。食べ頃になるとリンゴのおしりは黄色や橙色に変わっていきます。

りんごの保存で大事なことは「乾燥を防ぐこと」です。水分をしっかりと保持するために1玉ずつ新聞紙で包んでビニール袋に入れて密封し、風通しの良い場所で保管することをおすすめします。 少し手間ではありますが、新聞紙が必要な湿度を保つ役割を果たすので、長く美味しく食べられるようになります。ただし、あくまでも生鮮食品なので、お受け取り後はなるべく早めにお召し上がりください。

ランキング

  1. 究極の蜜入りリンゴ こみつ 青森産

    究極の蜜入りリンゴ こみつ 青森産

  2. 『年末福袋2019』タラバガニ・ズワイガニ・黒毛和牛・ローストビーフ

    『年末福袋2019』タラバガニ・ズワイガニ・黒毛和牛・ローストビーフ

  3. 浜名湖食品 極大うなぎ蒲焼

    浜名湖食品 極大うなぎ蒲焼

  4. 川上みかん 愛媛県産 西宇和

    川上みかん 愛媛県産 西宇和

  5. 訳ありサンふじリンゴ 山形県産

    訳ありサンふじリンゴ 山形県産

最近閲覧した商品とおすすめ商品