「干支の酒杯」ご購入はこちらから

大倉陶園作「干支の酒杯 二〇一九 亥」

手作りの良さを理解できる人だけに使って欲しい、本物の酒杯です

見た目が美しく、かっこ良いだけでなく、酒呑みに愛用されることを目的に制作された実用の酒杯
毎年、干支にちなんだ新作を作る12年プロジェクトが始動!

行く年来る年の想い出の一部に
干支の酒杯

Xmasのプレゼントにすれば喜ばれ、Xmasの2人のテーブルに置けば、高貴な佇まいを振りまき、干支の絵柄が想い出の年を刻み、想い出の一部になる酒杯

お世話になったお得意様へ、年に一度の感謝のしるしでも、今年も無事に新年を迎えて欲しい、両親への心を込めた贈物でも、元日の家族の乾杯の瞬間を想い出に刻む彫刻刀的存在としても、もちろん、コレクタブルアイテムとして純粋に楽しんでも、

大倉陶園の白磁は皇室御用達の日本陶磁器界の至宝一般入手困難な酒盃は様々な想い出づくりの役に立つ腐朽の名作

干支が一巡、すなわち12年後には、12年分の想い出が詰まった、価値ある酒杯コレクションになっているはずです。

十二支を刻む白磁の酒杯
    平成28年から始まったコレクタブル企画

平成31年は亥年

亥(猪)と言えば『ぼたん鍋』がうまい!
と考え、ぼたん鍋の図で試行錯誤したり、直球で猪だけで表現したり、何度も絵柄を書いた末に決めたのが、この酒杯の絵です。

牡丹の花と猪の配置ですが、よく見ると牡丹の花が鍋的に書いてあります。
猪は勢いがありつつ、怖くならないように大きさなども調整した絵です。
亥年は発芽前の種に力がこもった状態ですから、2020年の発芽にむけて準備の年になるでしょう。
確かに2018年は様々な既存の制度や仕組みが疲弊して枯れ、2019年が大きな変革の準備の年になるでしょう。

猪肉は万病に効くと言われる滋養食
この酒杯で酒を飲み、ぼたん鍋をたらふく食べ、元気を身体にたっぷり溜め込み、2020年以降の激動の時代を勝ち抜きたいものです!

平成30年は戌年

イメージは柴犬の仔犬が『何だろう?この匂い・・』
と蕪のような野菜を嗅いでいる図です。

この蕪こそが、日本産のマカ
アンデスの秘宝と言われるマカを日本国内で、野菜として普及させる取組みが始まったことにちなんでいます。

柴犬の部分は何度も試行錯誤して、ギリギリのサイズで表現しています。
そこに究極のパワーフードのマカをコンビにして、可愛いけど、とても強いメッセージにしました。
日本産マカは毎年3月末から4月初めに収穫します。
猛烈に辛くて、うまくて、甘い、凄いアブラナ科の野菜です。

平成29年は戌年

酉という文字の意味は『酒や果実が熟した状態』。 意味としても、酒杯の絵柄として酉の親和性は高いということです。

酉年に割り当てられた動物は鶏(にわとり)です。

そこで、最もうまいとされる鶏である軍鶏を絵柄に選び、デザインと焼成の試行錯誤を続け、完成したのが、この酒杯。 軍鶏の精悍なフォルムを酒杯に表現するのは難しく、ブルーのにじみ具合と軍鶏の姿勢調整、さらに、鶏冠に赤を入れることで、ぐっと強壮な雄の軍鶏イメージが表現されています。

平成28年は戌年

申の酒杯。でも、猿は食べられないし、猿を見ながら酒を飲むのもしっくり来ない…そこで杯を飾る素材を何にするか悩んだ結果が蟹。そう猿蟹合戦が発想の元です。それも飛びっきり美味しい蟹でなければ駄目だ…そこで最終的には、メスの渡り蟹に決まり、デザインと制作の試作を繰り返し、生まれたのが、この酒杯です。
> 申年の酒杯「蟹」の意匠について

現在、残っている酒杯の数も少なくなってきました。数量限定生産なので、数年以内には、第1回制作分は売り切れるはずです。

大倉陶園のものづくりにかける情熱

大倉陶園の創業者の大倉和親は、実用食器の主眼を四つあげています。

一、美観であること(装飾物ではない)
二、清浄なこと(汚れっぽくてはいけない)
三、使い途にあっていること(日常生活に役立てば、必ず喜ばれる)
四、堅固なこと(強くなければいけない)

この基本に照らし合わせると、私の主眼はこうなります。

一、美しくなければいけない。それも実際に使える酒杯として。
二、地はもちろん白磁、様々な飲み物を楽しめる清廉な白が良い。
三、酔っぱらいに付き合っても飽きられない、そして酔わせてくれる酒杯。
四、倒れ難い。仮に倒れたり、テーブル上で落としたくらいでは割れにくい酒杯。

自他ともに認める酒飲みの私としては、日常的に使える酒杯が欲しいのであって、儀礼的な用途の酒杯は要らないのです。
先ず、酔っぱらいは手元が危うくなります。だから、酒杯の安定感は重要です。

酒杯をテーブルに置いている時の安定感
酒杯を持っている指や手のひらとの相性というか、しっくり感

この2つの安定感と美しさを両立し、さらに、酒呑みにとって器に入る酒量にこだわります。酒杯であるから、すぐに飲み干し、何度も注がないとならない小容量の酒杯は、酒呑みの性で使いたくないです。
結局、今回の酒杯は70ccです。こぼれない感じで注いで三杯飲むと約一合です。七〜八杯で『こなから※四分の一升』です。
毎日の晩酌であれば、十杯はちょっと飲み過ぎ!そんな酒杯です。

設計して石膏で型を作り、手に持った感覚などを微調整していく地道な作業

本当の酒呑みのための理想の酒杯を求めて、試行錯誤を繰り返す

大倉陶園デザイナー 
濱島俊司氏のコメント

今回はこれまでの岡染めの青い絵とはガラッと趣を変えて大倉陶園の赤色の代表的なベリ赤を用いています。
大倉と言えばきれいな青。という印象ですが、実は大倉の白磁と赤色は相性抜群なのです。
白磁の上だからこそ赤色が映え、施された絵と白が引き立て合うのです。
それは西洋がかつて東洋の磁器に憧れを抱いた『赤絵』に通じるところがあるのではないでしょうか。

今回の干支は亥。新たな年への跳躍を思い。
躍動感に溢れた動きを意識しながら鮮やかな赤絵で表現しております。
野山を駆け巡り、やまの幸で肥えたイノシシ。
鍋にして食ったら最高だ。という方も多いことでしょう。

イノシシ鍋と言ったら赤みと白身のコントラストを活かして盛りつけた牡丹鍋。

赤絵でイノシシと対で描くには最高のモチーフであり器を引き立てるならこの『牡丹』です。
西洋の花の女王が薔薇なら牡丹は東洋の花の女王。
寒い冬にも花を咲かせる寒牡丹。春爛漫と華麗に咲き誇る様は『富貴花』とも言われ縁起の良い花として好まれています。
飲み口に添って広がるぐい飲みに絵付けして花開くイメージにしました。

大倉陶園の技術と品質で心を込めて作り上げましたこの器と新たな年を迎えるひとときを一層楽しんでいただければ幸いです。

すべてが職人の
手作りです

大倉陶園は1919年、大倉孫兵衛、和親親子により創業されました。
「良きが上にも良き物をつくりて」という創業の理念は、現在に至るまで受け継がれ、私共の社是となっております。
今回ご紹介いたします酒杯も創業者の世界最高級の磁器を追及するという理念のもと制作させて頂きました。この酒杯を制作するにあたり、食文化様における理念や姿勢は私共と共通すると認識させていただいており、この作品を皆様にご紹介出来る機会を得ました事を心より感謝申し上げます。

株式会社 大倉陶園

流し込み成形

排泥後、すぐに回転させてムラを防ぐ。その後、一定時間乾燥させる。

カツラ(余分な部分)を切り落とす

縁を整え、厚さを確認

流乾燥後の成形の仕上げ。バリを取り、縁を薄く綺麗に仕上げる。

全体を滑らかに整える。

再度、縁の厚さを確認

底を滑らかに整える。

法人

萩原章史プロデュース

大倉陶園

干支酒杯

二〇一九 亥

初窯出し 数量限定
満水容量: 70cc
寸法:高さ80mm
口径(上)55mm

萩原章史プロデュース

大倉陶園

干支酒杯

二〇一八 戌

初窯出し 数量限定
満水容量: 70cc
寸法:高さ80mm
口径(上)55mm

萩原章史プロデュース

大倉陶園

干支酒杯

二〇一七 酉

初窯出し 数量限定
満水容量: 70cc
寸法:高さ80mm
口径(上)55mm

萩原章史プロデュース

大倉陶園

干支酒杯

二〇一六 申

初窯出し 数量限定
満水容量: 70cc
寸法:高さ80mm
口径(上)55mm

3/25〜30出荷 大倉陶園作 干支の酒杯「亥」 食文化 萩原章史プロデュース ※常温

12,660円(税込)

3/25〜30出荷 大倉陶園作 干支の酒杯「亥」 食文化 萩原章史プロデュース ×2杯 ※常温

24,880円(税込)

大倉陶園作 干支の酒杯「戌」 食文化 萩原章史プロデュース

12,960円(税込)

大倉陶園作 干支の酒杯「戌」 食文化 萩原章史プロデュース ×2杯

25,800円(税込)

お届け日の指定が可能です

大倉陶園作 干支の酒杯「酉」 食文化 萩原章史プロデュース

12,960円(税込)

お届け日の指定が可能です

大倉陶園作 干支の酒杯「酉」 食文化 萩原章史プロデュース ×2杯

25,800円(税込)

大倉陶園作 干支の酒杯「申」 食文化 萩原章史プロデュース

12,960円(税込)

大倉陶園作 干支の酒杯「申」 食文化 萩原章史プロデュース ×2杯

25,800円(税込)

購入数を確認した上でボタンをクリックしてください。
商品によってはお届け日の指定が出来ないものがございますので、カートページで必ずご確認ください。

ランキング

  1. 黒点は美味しさの証。シュガースポット清見

    黒点は美味しさの証。シュガースポット清見

  2. シーズン終了目前「サンふじりんご」2箱 ⇒ 送料無料2,650円

    シーズン終了目前「サンふじりんご」2箱 ⇒ 送料無料2,650円

  3. 最高峰柑橘「せとか」が訳あり特価〜!

    最高峰柑橘「せとか」が訳あり特価〜!

  4. 3箱買えば1箱オマケ 『熊本デコポン』

    3箱買えば1箱オマケ 『熊本デコポン』

  5. 桃やパインの味が広がる 神秘のフルーツ『オア』

    桃やパインの味が広がる 神秘のフルーツ『オア』

最近閲覧した商品とおすすめ商品