創業は昭和22年 茨城県波崎 越田の鯖干物|通販 ギフト

【もの凄い鯖】の異名を持つ
究極の干物

創業は昭和22年、銚子港にほど近い、茨城県波崎で半世紀続く干物屋です。今は越田英之さんが3代目を務め、鯖の干物が主力商品です。【もの凄い鯖】との異名を持つ越田の鯖。知る人ぞ知るこの鯖の干物は多くの飲食店から引き合いがあるのです。食べたらやっぱり凄かった!

取材時の様子はこちら⇒TOYOSU ブログへ

今回特別に作ってもらいました!
1.3㎏UPの金華鯖の極大干物

普段越田さんはノルウェー鯖を使って作りますが、特別に 1.3㎏UPの金華鯖で作ってもらいました。
刺身でいただけるほどの鮮度抜群の原料です。

さばく枚数なんと1日2000枚。
匠の技で骨際ギリギリを狙う!

越田商店ではすべて手作業で鯖をおろします。 機械を使うと、背骨周りが削られてしまいますが、手でおろせば、真ん中の骨しか残らないので歩留まりも良いです。 もうひとつの大切な理由、それは、手でさばくと身に点々と残る骨の髄にあります。この髄は、例えば鯖を1日2000枚おろしたら、どんぶり1杯程度とれます。 その髄が半世紀分、特製のつけ汁の中に溶け込んでいるのです。

約半世紀、継ぎ足し続けたつけ汁
酵母菌や乳酸菌がたっぷり!

つけ汁はまさに越田の命。これ以上塩が溶けない”飽和状態”なのに、舐めると甘く感じるほど旨みが詰まっています。48種類もの酵母菌や乳酸菌、日本に居ないはずの菌などが住みつき独自の生態系を構築していることがわかっています。 当初、液体ではなく鯖を塩につける工程で、鯖のエキスが溶け込み、塩が液状になり、次第につけ汁へと変化しました。このつけ汁に漬けると旨味成分がぐっと増えます。つけ汁をなめてみると甘く感じるほどです。
このように古い製法で鯖の干物を作っている生産者はおそらく越田商店だけでしょう。

一般的に干物は焼くと縮みますが、 越田の鯖はしっとりふっくらジューシーに仕上がります。
干し時間は20分にしました。 干物は天日干しでイノシン酸を増やしますが、 越田では漬け汁が代役を果たすので、塩味を入れるために少々干すのみで、 天日干しはほぼ必要ありません。
冷静に考えても、今回の金華鯖は極めて大きなサイズです。
出来上がりで大きさは縦28㎝、幅12㎝、重量は383gもありました。 普段扱っている越田のノルウェー鯖(大)だと原体600g前後、 出来上がりが200g。倍近くもあります。
干物としてだけでなく、ニシンそばならぬ、鯖そばにしたり、 薄くスライスして味噌と牛乳ベースの鯖鍋にしたり、 アヒージョなどでも楽しんでみてください。

ランキング

  1. 究極の蜜入りリンゴ こみつ 青森産

    究極の蜜入りリンゴ こみつ 青森産

  2. 『年末福袋2019』タラバガニ・ズワイガニ・黒毛和牛・ローストビーフ

    『年末福袋2019』タラバガニ・ズワイガニ・黒毛和牛・ローストビーフ

  3. 浜名湖食品 極大うなぎ蒲焼

    浜名湖食品 極大うなぎ蒲焼

  4. 川上みかん 愛媛県産 西宇和

    川上みかん 愛媛県産 西宇和

  5. 訳ありサンふじリンゴ 山形県産

    訳ありサンふじリンゴ 山形県産

最近閲覧した商品とおすすめ商品