とろっと熟した干柿は、和菓子を超える甘味

【大粒】JAふくしま未来『伊達のあんぽ柿』福島県産 5〜6Lサイズ 約230g(2〜3粒)×4パック ※常温

商品説明

『伊達の大粒あんぽ柿』です。
美しい橙色のあんぽ柿は、外はしっとり、中はもっちりとした半生柿の食感に、とろりとした果肉に甘さを凝縮しています。食べ応え抜群の5〜6Lサイズ限定でお届けします。

「伊達のあんぽ柿」は、福島県伊達郡梁川町五十沢地区が発祥の「あんぽ柿」です。
江戸時代から柿の栽培が始まり、天日で干した「天干柿(あまぼしがき」が訛り「あんぽ柿」と呼ばれるようになりました。
伊達市は、もともと養蚕業が盛んな地域で、五十沢地区は専業農家が特に多く、副業開発のために村民が干柿つくりの研究を重ね、現在の「伊達のあんぽ柿」が誕生します。
また五十沢地区は、干し柿製造に欠かせない「硫黄燻蒸技術」発祥の地でもあります。それまでの干柿は、柿が酸化し黒ずんでしまうことから、「黒あんぽ」とも呼ばれました。そこで、五十沢地区では、米国で干しぶどうの乾燥に使用されていた「硫黄燻蒸」を取り入れ、渋味を抜きながら酸化を防ぐ「硫黄燻蒸技術」を確立、これが後に全国の干柿生産にも広まったのです。

「伊達のあんぽ柿」を出荷するJAふくしま未来は、福島県北地域(福島市・伊達市・二本松市・本宮市・川俣町・国見町・桑折町・大玉村)と相馬地域(相馬市・南相馬市・新地町・飯舘村)の12市町村を管轄する広域JAです。
県全体の19%を占めるJAの「伊達のあんぽ柿」は、東日本大震災の影響を受けますが、世界初の放射能測定器(非破壊検査機器)の導入などの取り組みにより、2年の出荷自粛を経て、2018年度には震災前の約82%の水準まで回復しました。
震災後ではタイ、マレーシア、シンガポール、2022年にはドバイに試験輸出され、世界への発信を再開させています。

★「伊達のあんぽ柿」L〜4Lサイズはこちら

この商品は配達日指定が出来ません
配送 佐川急便

お届け先が東京都の送料 825円(税込)

送料を確認する

お支払方法 カード 銀行振込 代引き

のし対応 メッセージ入れ対応

価格2,300円(税込)

◇2/6〜18出荷販売中 在庫数 27

今すぐ購入する

ご利用いただけます

ログインしてお気に入り登録

ご注文前に必ずお読み下さい

  • 商品画像はイメージです。
  • ●こちらの商品は、『佐川急便』でのお届けで、ヤマト運輸でお届けの商品とは発送場所が異なるため同梱は出来ません。予めご了承ください。
    ●最終時間帯指定(20-21時)をご選択頂いた場合、『19-21時』でのお届けとなります。

店舗からのお知らせ(豊洲市場ドットコム)

  • ※ギフト包装や紙袋等のご用意はできかねます。
    ※入荷状況によって、お届けが遅れる場合がございます。
    ※転売目的での購入はお断りいたします。

この商品に関するご質問、お問い合わせはこちらから

店舗 豊洲市場ドットコム
商品番号 M003-867-3-04536
セット内容 JAふくしま未来『伊達の大粒あんぽ柿』福島県産 5〜6Lサイズ 約230g(2〜3粒)×4パック
原材料名 【原材料】柿(国内産)、酸化防止剤(二酸化硫黄)
【加工地】福島県
獲得ポイント ログインして確認
消費税率 8%軽減税率
賞味期限 パッケージに記載。目安として到着から一週間程度。
保存方法 冷暗所保存がおすすめです。お早めにお召し上がりください。

【あんぽ柿と枯露柿】
柿の水分量を25%残すくらいまで干し上げたものを「枯露柿」と言い、食べ応えのある食感に、柿の濃厚な風味と甘さが味わえます。一方、本品のように水分量を50%ほど残し干し上げたものが「あんぽ柿」で、半生のとろっとした食感が楽しめます。

【硫黄薫蒸とは】
硫黄を短時間で燃焼させて、発生した二酸化硫黄で薫蒸する方法です。渋柿の皮をむき、直後に行うことで殺菌と漂白作用が働き、カビ予防やあんぽ柿独特のやわらかさ、鮮やかな飴色に仕上がるといった効果があります。福島のあんぽ柿ではおよそ90年前に、福島県北部の伊達地方「伊達市梁川町五十沢(旧伊達郡五十沢村)」で取り入れられたといわれています。

ランキング

  1. うに

    うに

  2. みかん

    みかん

  3. いちご

    いちご

  4. マグロ

    マグロ

  5. せとか

    せとか

最近チェックした商品