生食用『あんず(品種:ハーコット)』長野県産 A 2~4L 2パック 計約1kg(1パック:約500g)※冷蔵

商品説明

「ハーコット」は酸味の少ない生食用品種。
カナダで生まれ育成された品種で、日本には1979年に導入されました。
皮ごと食べれて、甘い、生食用に適したあんず。
しかし、傷みやすいことや、日持しないため、産地での消費以外はなかなか出回らない希少なフルーツ。
出回るのも、6月下旬〜7月中旬の限られた期間となります。
酸味はおだやかで、種と実の離れも良く、桃よりもさっぱりした味わいです。

きょう着く便(当日配送)対象商品です。
きょう着く便サービスをご利用の場合、対象商品をいくつ買っても送料一口(1,045円)でお届けします。

この商品は配達日指定が出来ません
配送 宅配便【ヤマトまたは佐川】

お届け先が東京都の送料 1,045円(税込)

送料を確認する

お支払方法 カード ×銀行振込 代引き

×のし不可 ×メッセージ入れ不可

価格2,400円(税込)

6/26〜7/1/出荷◇ 売り切れ

ログインしてお気に入り登録

ご注文前に必ずお読み下さい

  • 商品画像はイメージです。

この商品に関するご質問、お問い合わせはこちらから

店舗 大田市場店
商品番号 M004-707-3-00068
原材料名 あんず 長野県産
獲得ポイント ログインして確認
消費税率 8%軽減税率
消費期限 お早めにお召し上がりください。
保存方法 冷蔵

あんずの歴史
あんずの原産地は中国北部、中央アジア、ヒマラヤ西北部。中国では2000年も前(一説には4000年以上前)から種の中にある「杏仁(きょうにん)」を収穫するために栽培されており、取り出された杏仁は漢方薬として利用されていました。長野県とあんずの歴史は古く、今から300年以上前の元禄時代、現在の千曲市に長野県に初めてもたらされました。現在でも、千曲市は全国シェアの多くを占める全国有数の産地として知られています。
渡ってきた時期は定かではありませんが、日本であんずの果実を食べるようになったのは、明治時代になってからのことで、本格的な栽培が行われたのは、ヨーロッパ品種が積極的に導入された大正時代からといわれています。(諸説あり)

ランキング

  1. メロン

    メロン

  2. マンゴー

    マンゴー

  3. さくらんぼ

    さくらんぼ

  4. ウニ

    ウニ

  5. うなぎ

    うなぎ

最近チェックした商品