大七酒造

福島県二本松の老舗「大七酒造」。名峰、安達太良山麓の美しい自然は、豊かな名水をこの地に授けました。伝承によれば、清和源氏に連なる太田家は寛永年間(1624-1643)に伊勢国より三人兄弟で丹波侯の二本松に来住したといわれ、それぞれに酒造業を営みました。宝暦二年(1752年)に太田三良右衛門栄親が分家したのが、現在の大七酒造の始まりです。これを始祖として、三代目以降は七右衛門を襲名するようになり、以後十代目の今日まで、酒造り一筋に発展を遂げています。酒銘の「大七」は七右衛門の時代に全国清酒品評会第一位など輝かしい成果を収め、今や稀少となった正統的醸造法「生酛造り」の全国随一の担い手として評価を確立しました。また近年では、独自開発した「超扁平精米技術」が、精米効果を革命的に向上させたことにより各種の表彰を受け、業界の大きな注目を集めています。大七酒造が何よりも大切にするのは、醸造酒としての味わい深さです。世界で普遍的に評価される、より力強く、より洗練されたお酒。それは熟練を極めた生酛造りでこそ可能になります。私共はそんな唯一無二の個性を醸す職能集団でありたいと願っています。

創業年:1752
代表者:太田 英晴

0商品

0商品

ランキング

  1. カニ

    カニ

  2. みかん

    みかん

  3. 年末年始福袋

    年末年始福袋

  4. 大特価!秋鮭いくら

    大特価!秋鮭いくら

  5. おせち

    おせち

最近チェックした商品