『おぜあかりん』 群馬県産 JA利根沼田 約500g(12〜15粒)化粧箱 ※冷蔵

商品説明

標高700mの高原でつくられる、平成20年に品種登録された新品種『おぜあかりん』です。
パリッとした果皮と緻密に詰まった果肉は、先端に蜜が入っているかと思うほど甘く、爽やかな香りと後味が残ります。
『おぜあかりん』は3月中旬〜7月中旬に旬を迎えるという、非常に遅咲きのいちごです。通常、春になり暖かくなってから栽培すると生育が早過ぎて水っぽくなりますが、低温の高原でじっくりと育てられるため濃厚な味の美味しいいちごに育ちました。
いちごの産地としてはあまり知られていない群馬県で、度重なる試行錯誤の末に誕生した期待の新品種です。

この商品は配達日指定が出来ません
配送 佐川急便

送料を確認する

お支払方法カード 銀行振込 代引き

のし対応

価格1,480円(税込)

終了

ログインしてお気に入り登録

ご注文前に必ずお読み下さい

  • 商品画像はイメージです。
  • ●こちらの商品は、『佐川急便』で発送します。最終時間帯(20-21時)をご選択頂いた場合、『19-21時』でのお届けとなります。

店舗からのお知らせ(築地市場ドットコム)

  • ギフト包装や紙袋等のご用意はできかねます。
    同梱が可能な場合、送料重複分は当サイトのポイント等でご返金致します。
    入荷状況によって、お届けが遅れる場合がございます。

この商品に関するご質問、お問い合わせはこちらから

『おぜあかりん』は「とねほっぺ×とちおとめ×盛岡26」の掛け合わせでつくられました。
群馬県で栽培されているいちごのほとんどが「尾瀬はるか」という品種で、収穫量が多く食味が優れていますが、果色が淡く、果皮が柔らかい等の欠点があります。そのため、日照不足等があっても白ろう果が発生しない、果実品質の優れたいちごをつくろうと品種改良に取り組みました。その結果、誕生したのが今回お届けする新品種『おぜあかりん』です。
しっかりとした果肉は歯ごたえがよく、濃厚な甘さで、酸味も感じることができる奥深い味わいが堪能できます。
『おぜあかりん』は、3月中旬〜7月中旬に旬を迎える、非常に遅咲きのいちごです。通常、春になり暖かくなってから栽培すると生育が早過ぎて水っぽくなりますが、低温の高原でじっくりと育てられるため、他のいちごと比べ生育が遅く、春先に美味しくなります。

ランキング

  1. 『佐藤錦』特秀品

    『佐藤錦』特秀品

  2. 『春日居の桃』

    『春日居の桃』

  3. 『『炭火焼うなぎ蒲焼き “粋”』

    『『炭火焼うなぎ蒲焼き “粋”』

  4. 『みやざき生ライチ』

    『みやざき生ライチ』

  5. 『伊達の蜜姫』

    『伊達の蜜姫』

最近閲覧した商品とおすすめ商品